やまブロ<YAMATATSUBLOG>

水曜日と日曜日の18時以降に更新!                      様々なカテゴリに関して有益な情報をお届けします!               #成長に限界なし#毎日ポジティブに

やまブロメンバーになりませんか?

子供はなぜアンパンマンを好きになるのか

どうも、やまたつです。

 

本日は「アンパンマン」について。

f:id:HBByamatatsu:20210116162923p:plain

1970年頃から世に浸透してきたアンパンマンは、いまだに小さい子供には人気のアニメですよね。

嫌いな子はいないんじゃないかってくらい大人気です。

ちなみに、私やまたつの息子も大好きです笑

 

しかし、大人になった今、「なぜ、子供は皆アンパンマンを好きになるのか?」と疑問になりました。

 

ちなみに、初期のアンパンはこちら笑↓

f:id:HBByamatatsu:20210116164042p:plain

 

↓そして、少し今のアンパンマンに近い形に進化

 

f:id:HBByamatatsu:20210116164205p:plain

 

少し失礼ですが、ダサい笑

今とは違って、可愛いらしさが1ミリもないです笑

これでは、子供達に大人気になれる感じがしません。。

それから、数十年とアンパンマンは今のフォルムへと少しずつ変化していきました。

また、キャラクターの多いアニメとしては世界一としてギネス記録に認定されているみたいですよ。

※2020年時点では約2200体もいるとか

 

で、本題の「赤ちゃんや子供がアンパンマンを好きになる理由なのですが、

検索してみると、既に解明されていました笑

同じような疑問を抱く大人は少なく無いようですね!

 

赤ちゃんの99%はアンパンマンにハマる!?赤ちゃんの大好きなアンパンマングッズの作り方 - ダンボール職人

 

はい、もうこのサイトで答えは出てます笑

私やまたつは必要がない。。笑

 

結果、「左右対象の丸いものが好きだから」だそう。

それはまさにアンパンマンの一言。

私やまたつの息子は最近ドラえもんにもハマっているのですが、ドラえもんも顔の形は丸いですもんね!

もっと細かく言うと、色は"赤色"を好むそうなので、ドラえもんよりもアンパンマンが人気なのですね!

また、人間は本能として、"美人"な人=顔の左右のパーツが整っていて、対称的な人に自然と魅力を感じてしまうようです。

だから、極端に言うと、赤ちゃんの頃から美人を好む傾向にある!?

 

人気になる答えが判明されているのであれば、赤くて丸い新キャラクターを発明したいもです笑

漫画家なろうかな。。

これだけでは、少し物足りないので、

アンパンマンに関する豆知識を少しだけご紹介致します!!!

 

豆知識①

チーズには彼女がいる。

名前は「レアチーズ」

 

f:id:HBByamatatsu:20210117095212p:plain

 

可愛らしいですね笑 

豆知識②

バタコとおむすびまんは両思い。

これを知った時、私やまたつは、あまりアンパンマンについて詳しくないので、

男同士?と思ってしまいました笑

 

その後、「ばたこさん 性別」で検索したら、驚きの女性。。

ここで初めてばたこさんが女であることを知るという笑

いい勉強です( ̄▽ ̄)

 

確かに、声も高いイメージがありますね! 

 

豆知識③

アンパンマン自体には色んな種類が存在する。 

 

・クリームパンマン

・そうめんパンマン

・クリキントンアンパンマン

・水あめアンパンマン

・あんまんマン

・春巻きアンパンマン

 

なんでもありですね笑

 

豆知識④

アンパンマンの餡はつぶあん。 

自分はこしあんかなと思ってました笑

そこまで意識してみたいので、次もしアンパンマンが誰かにアンパンを分け与えるシーンがあれば、しっかり見ときたいと思います!

 

豆知識⑤

アンパンマンは「いただきます」は絶対に言わない。

アンパンマンは人に食べ物を与えるだけで、自分自身は何も食べないらしいです。

なので、アンパンマンが食事するシーンは一度もないと言われています。

 

食べればいいのに。。笑

その優しさに子供達も好意を抱くのでしょうね!

 

 

 

以上で、アンパンマンについてお話させていただきました!

これだけ歴史があるアンパンマン。

まだまだ面白い雑学や豆知識があるので、気になる方は是非調べてみてはどうでしょうか!

私やまたつも子供が小さい内は一緒にアンパンマン知識を増やして、子供達についていけるように頑張りますw

 

最後に、<HBByamatatsu's BLOG>をよろしくお願いします!

 

以上、やまたつでした!

次回もお楽しみに!