通退勤でお金を生産、身体も健康、ストレス軽減

どうも、やまたつです。

 

 

 

本日は「通退勤」について

f:id:HBByamatatsu:20210718064110j:plain

 

皆さんは、家から職場への通勤、逆に職場から家までの退勤にどのくらいの時間を要してますか?

 

職場まで近すぎると嫌、逆に遠すぎると通退勤が面倒、地域によってはバスや電車などの公共交通機関が不便、人によって意見は様々ですが、こういった不満はあるでしょう。

 

私やまたつも普段は会社員として働いてます。

現在住んでいる家も引っ越してきて3年目になりますが、今はここで落ち着いてますし、仕事とプライベートの両方で満足できる居心地の良い場所です。

今回の記事のタイトルにもなってますが、実は通退勤で"お金を生産"、"身体も健康"、"ストレス軽減"しています。

そんな秘策をご紹介しましょう。

 

 

 

 

 

 

【秘策はこれだけ】家と職場の距離は徒歩30分程度で徒歩通勤がオススメ

私やまたつは普段、会社の事務所よりも客先で作業することが多く、現在も客先に出社しています。

実は客先までも徒歩約30分なんですよね。で、もちろん会社の事務所までも徒歩約30分です。偶然なことに客先と事務所も徒歩約30分というトライアングル状態です。

では、なぜ徒歩30分程度で徒歩通勤がオススメなのかをそれぞれの要点で簡潔にお伝えします。

 

お金を生産

f:id:HBByamatatsu:20210718073852j:plain

まずは、お金の観点から。

徒歩で30分程度の距離であれば、会社にもよりますが、交通費の申請ができる可能性が高いです。

私やまたつも3ヶ月定期を申請しています。

だいたい徒歩30分程度であれば距離はだいだい2kmです。

バスだと片道200円前後、往復で400円くらいかと思います。

そうすると1ヶ月の定期代として1万円になります。

 

歩くと往復で1時間掛かりますが、歩くだけでお金が発生すると考えるとラッキーですよね。自転車を持っている人で無料の駐輪場があれば、歩きたくない人にとってはいいかもしれません。

 

 

身体も健康

f:id:HBByamatatsu:20210718074942j:plain

もちろん適度に歩くことは健康にとっても良いことです。

とは言え、片道30分歩いただけではそこまで消費できるカロリーは低いので、ダイエット効果としては、あまり期待しない方がいいでしょう。

それよりも、足腰を鍛えることができるのが何よりも魅力です。

人は足の筋肉が弱っていくことから衰えが始まるとも言われてます。

なので、高齢者が病気で入院を繰り返していると、日に日に弱っている感じがするのを目の当たりにしたことはありませんでしょうか?

病院に寝たきりでいる80歳よりも、毎日家の周辺をはきはきと散歩している80歳の方が断然見た目も若く見えますよね。

今だ活躍されているデヴィ夫人も80歳超えているのにも関わらず、某番組で体を張った演出をされてますよね。いつも見てて驚きを隠せません。

 

そして、毎日朝から日光を浴びることで体内時計がリセットされます。

これにより、睡眠、覚醒が整い、質の良い睡眠が得られます。

 

さらには、歩いている途中は脳が活性化しているため、情報の処理能力が普段の1.3倍ほど向上するという研究も。

仕事の中で解決しなかったことが歩いている途中にふと解決するなどあるみたいです。

ちなみに、私やまたつはシステムエンジニア、プログラマー的なお仕事をしているので、こういうことは頻繁に起きますね笑


 

  

ストレス軽減

f:id:HBByamatatsu:20210718075106j:plain

外を歩いていると、色んな人や色んな建物、公園、自然、鳥など刺激がたくさんあります。適度な脳への刺激はアドレナリンも分泌され、日頃のストレスを解消してくれます。欧米での研究結果によると、不安の解消、依存症やうつ病まで改善してくれるとの報告も上がってます。

 

家庭もあると、何かとストレスも溜まります。

仕事においても、作業内容へのストレス、上司への不満、お金を貰えないのであれば、絶対にしたくないですよね笑

怒りの感情が爆発してしまう前に、通勤で解消しましょう。一石二鳥です。

 

怒りの感情をコントロールする方法は以下の記事をご覧ください!

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

 

道路の渋滞や事故、災害による遅延も考えなくて良い

また、車や公共交通機関で通っている人と違う点は、"待つことが無くなる"ということですね。車やバスだと渋滞、電車であれば大雨の影響や人身事故などで予定してた時間に乗れないことがあります。

また、見知らぬ人間と共有する必要があります。

たまに、変な人いませんか?私やまたつも仕事の研修で1ヶ月渋谷に住んでいた過去があるのですが、研修場までの電車内でバッグを蹴られた経験があります。

そう言う人って大抵おじさんですよね。もちろん、その時もおじさんでした。。

まぁ、その時は面倒くさいので怒りもしなかったですが、ものすごいストレスでしたね。

 

上記を踏まえ、徒歩通勤の利点は自分のペースで移動できる、時間の調整ができると様々です。

デメリットももちろんあります。

台風、雪の時は通勤が大変、夏場は汗をかくなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は以上になります。

徒歩通勤にはまだメリットはあるかもしれませんが、私やまたつが徒歩通勤歴4年半を通して感じた3つのことをご紹介しました。

これらを実現することで、きっと通勤も苦ではなくなるかもしれません。

是非お試しを!

 

 

是非、『やまブロ』へのいいね、読者登録して応援宜しくお願いします!次回もお楽しみに!