お金の不安が無くなり、家計簿付けるのをやめました

どうも、やまたつです。

 

 

 

本日は「家計簿廃止」について

f:id:HBByamatatsu:20211018152137j:plain

 

やまたつは約2年半の間、家計簿を付けていました。

以前にも、家計簿を付けるメリットをお伝えしています。

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

家計簿は、現状の変動費について毎月どれくらい生活コストが掛かっているかを数字としてしっかりと表してくれるものです。

それにより、多少のめんどくささでも、貯金できない原因だったり、いかに無駄遣い、浪費をしているかが分かります。

あと、家計簿付けるくらいなら買わないでおこう、今の自分に必要ではない、と判断できる材料でもあります。必要なめんどくさい、なんどもやまブロで言っていることです。

 

しかし、今回はその逆。

やまたつは実は9月から家計簿つけてません。

付けるのがめんどくさいというのが理由ではなく、単純にお金に対する不安が無くなりました。

できることであれば、家計簿つけずに、感覚でお金を自由に使いたいもの。

でも、毎月かつかつの状態では厳しいですよね。

そんな方々に、お金の不安が無くなる方法を教えちゃいます。

 

 

 

 

 

 

固定費をいかに下げれるか

ぶっちゃけこれに限ります。

基本的に、自由に使えるお金とは手元に残るお金。

それは、給料から固定費が差し引かれた分のことを指します。

給料をあげるのはなかなかハードルが高いです。

バイトを掛け持ちして稼ぐことも可能ですが、それでは身体を壊す可能性もあります。

身体に負担をかけすぎて、病気とか入院したりすると、返ってお金が掛かります。

今ではネットで稼ぐこともできますが、そもそもPCを扱える知識だったり、ネット環境が必要です。

YouTubeもアフィリエイトも難しいです。

ですが、誰にでもできるのが「固定費の削減」

固定費を上げないようにする(生活コストを保つ)鉄則として、やまたつが心掛けていることは、

  1. 借金しない
  2. サブスクを増やしすぎない(必要なものだけ)
  3. 見栄の為の契約はしない

この3つです。

借金については、ローンを組まない、リボ払いや分割払いをしない、クレジットカードを持たない、人とお金の貸し借りをしない、細かく言うとこのようなルールです。

サブスクは現在アマゾンプライムを年に5000円程度払っているのみです。

あとは、ブログ運用でのPro会員料として月に1000円です。

見栄も張りません。変なプライドとかも捨てました。

最近SNSをやめましたとお伝えしまいたが、SNSをやめることで、いちいち報告したりすることも無くなり、時間も増えました。浪費も無くなったような気がしてます。

以前は"水"だけの為に、月4000円でウォーターサーバーを契約してました。

今では家の近くで100円で水を組んでいます。

これだけで3000円以上の固定費削減です。

 

皆さんも無駄に固定費払ってませんか?

車の免許を持っているからと言って、使用しないのに車を持っていたり、手取りに見合わない家賃を払っていたり、不要な保険に入っていたり。

この辺をもう一度見直してみてください。

 

もし、自分では厳しいようでしたら、やまたつが1回1000円でサポートさせていただいております。

 

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

↑ココナラで新事業を開始しましたので、是非検討してみてください

2週連続での宣伝となりましたが、1人でも多くの方々の助けとなって、お金の余裕を生み出せたらと考えてます。

皆さんの幸せがやまたつの幸せです。

 

 

 

で、固定費を削減すればするほど、手元に残るお金は増えます。

それだけ、自由に使えるお金が増えるということです。

やまたつはある程度下げれるところまで固定費を下げました。

その状態で、これまで通り、変動費について家計簿をつけてました。

それで約半年程継続し、ある程度贅沢が多くても、貯金できている状態を維持できましたね。

もちろん、節約すればもっと貯金できますし、毎日贅沢しても少し貯金できるくらいの余裕です。

これくらいあれば、特別家計簿を付ける必要はありません。

あとは、感覚で今まで通りの生活をすれば問題ないと判断できます。

仮に今まで貯金できてなかった、あるいはマイナスだった方々が、固定費を削減し、手元に残ったお金でいきなり家計簿を付けずに生活しようとすると、感覚が身に付いていないため、「ほんとに貯金できたのか?」と不安になります。

それを見極めるには、やはり少なくとも1年は家計簿を付けながらの生活をオススメします。

あとは、貯金できる生活感覚を継続すればOKです。

 

以上が、やまたつが家計簿を付けなくなった理由になります。

皆さんにも必ずできる方法ですので、少しでもお金に対する不安を無くしたい方は参考にしてみてください!

 

では、今日はこの辺で!

 

 

是非、『やまブロ』へのいいね、読者登録して応援宜しくお願いします!次回もお楽しみに!