人生都合よく生きたもん勝ちです<独自性のある生活が一番効率いい話>

どうも、やまたつです。

 

 

 

本日は独自性のある生活 について

私たちの生活を客観的に見てみると、毎日同じことの繰り返し。

ほんとどの人が朝起きて、ご飯食べ、平日は会社へ行き、夕方過ぎに帰宅、夕ご飯を食べ、お風呂、歯磨き、ちょっとした自由時間を挟んだら就寝。

唯一の楽しみといえば、仕事が休みな土日。

毎週こういうサイクルではないでしょうか。

というこれが当たり前になっていますし、日本人なら白ごはんが主食、結婚してなんぼ、仕事といえば安定した職に付くこと。

こんな考え方が小さい頃から染み付いて大人になっている訳です。

 

こんな考え方、生き方が悪い訳ではないのですが、

結論、面白みがない人生に見えますし、ちょっともったいないなと考えてます。

要は、周りと一緒だと共有しあうものが増えてしまい、奪い合いになってしまう訳です。

人間は自然と競合を作り、無駄にストレスを溜めてしまっている気がします。

そういう染み付いてしまった考え方を一旦取っ払ってもらうために、この記事を読んで頂きながらやまたつと新しい人生を歩みましょう。

 

 

 

 

 

 

会社員である必要はない

ほとんどの人は会社員として社会で働いてお金をもらうことばかりを考えてます。

働く=会社員という日本人ならではの思考ではないでしょうか。

それは、もちろん小さい頃から親が会社勤めで働いてきた姿を見てきたからに違いないです。

働き方には色々あり、会社員として雇われる以外に逆に経営者として人を雇う立場もあります。

また、最近ではYouTuberや、やまたつのようにブロガーだったりとインターネットでも働ける時代です。

会社員ではなくても、フリーターとしてシフト制で好きな時間でアルバイトだってできます。

そこは自由なわけで、誰一人決まっていることでもなく、強制させられることでもないと考えてます。

なのに、日本人は「しっかり勉強して安定した職に就こう」と仕事の選択の幅がとてつもなく狭いなと感じます。

もちろん、会社員の場合、会社からボーナスが出たり、福利厚生があったりとメリットは色々あるのは分かりきった話です。

しかし、社員としての責任や平日決まった時間働かないといけないなど制限もあるわけです。

 

 

土日働いて、平日2日休みの方が得するはず

会社員は基本的に平日働いて、土日はお休み。

大企業なら週休二日制の方がほとんどでしょう。

中には土曜日働いている方もいるはずです。(毎日お疲れ様です)

 

そして、世界的に見て男性側、いわゆる一家の大黒柱とも言われる側がメインで働いて、パートナーである奥様方は専業主婦だったり、共働きしている場合もあります。

日本人夫婦は共働きの家庭が多いようで、めったに平日お休みできる訳がないです。

そうなってくると、家族dayは土日。

どの施設も土日が混在します。

逆に平日はびっくりするくらいガラーンとしているはずです。

やまたつもたまに平日に私用でお休みもらいますが、外出している人が少なくてとても快適だな〜と感じます。

お店で何かものを見る時も混雑しているよりも人が少ない方がゆっくりと見れるはずですよね。

 

子供がいる家庭ならわかる話かもですが、

平日の動物園は貸切状態かというくらい密度が低いです。

平日も土日も同じ入場料金なのに快適さがまるで違います。

遊具なども空いているので、子供にとっても嬉しいはずです。

 

そんな感じで、何を言いたいかというと、

混雑を避けて上手くプライベートを楽しむ。

競争相手が少ないので、予約も取り放題ですし、

見たいものもゆっくり見れます。

 

ただ、子供がいる家庭は少し難しい話かもしれないですね。。

保育園は基本平日空いているので、土曜日は預けられても日曜日は閉まっている所が多いようです。

子供が休み=親も面倒みないといけないという話なので、土日に仕事することは厳しいはずです。

まぁ、夫婦のどちらか一方が休みであれば大丈夫かもですが、家族dayはみんな揃ってるから楽しめるかと思いますので。

 

 

 

結婚する必要もなければ、子孫を残す必要もない

「俺も早く結婚したいな〜」

「自分の子欲しいな〜」

そんな漠然とした願望があるのではないでしょうか。

友人が結婚した報告などを聞くと、より焦っちゃうかもしれません。

 

しかし、

結婚しないといけない義務

子孫を残さないといけない義務

こんなものは世の中に存在しません。

 

結婚したい人はすればいいし、

そこから子供を作りたいのであればそれも自由に選べます。

 

なので、特にそういう願望がなければ、あとはあなた自身の人生を思う存分楽しんでください。

やまたつは子供とゲームしたいという夢もあったので子供は欲しかったです。

もうすぐ4歳になりますが、既にswitchで一緒にゲームしてます笑

 

あら、もう夢叶っちゃったんですね!笑

 

そうだね。あとは一緒にスポーツもしたいかな〜

 

いいですね!息子さんの成長を楽しみにしてます!

 

やまたつの人生、現状としては、

結婚して、子供を持って、会社員として働いてと、

ある程度理想な形を歩んできたわけですが、

結婚にしても、子供を育てるにしても簡単ではないなと感じてます。

子供がいる生活は楽しいですが、"本当の意味では楽しめない"というのが本音です。

これはご想像にお任せします。(家族持ちの方なら理解してもらえるはず...)

いかに自分だけしか考えないでいい生活が楽なのかがよく分かります。

正直、子供に振り回されてばかりで、自分自身が満足のいく生活は諦めた方がいいです。

その中で学ぶものもたくさんありますが、大変さが大きく上回ってますね笑

 

なので、現在結婚などをお考えの皆さんも十分に考えてみてください。

結婚しないで、自分一人の人生を思いっきり楽しむ人生もいいかもしれませんよ。

ぶっちゃけ、今日のタイトルに話を合わせると、一番効率がいいのは結婚しないで子供も作らないこと。

"自らの時間を最大限に楽しむ"にフォーカスするのであれば、それがベストな選択肢かもしれないです。

 

 

 

1日3食ではなく、食べたい時に食べれば良い話

なぜか、小さい頃から朝、昼、晩とよく分からないけど食べてませんでしたか?

子供時代なんか食に興味なかったですし、親が勝手に準備してくれていたので、何も気にしませんでした。

しかし、最近大人になって、特に親になって、毎日毎日食事を考えてばかりだな〜と感じています。

子供は成長期の関係性もあるため、なるべく栄養面をしっかり考えたりして食べさせてますが、大人はもう成長することありません。

餓死しないようにそれなりのカロリーを摂取して健康を保つだけです。

 

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

前にもオートファジーを紹介させて頂いた際に紹介しましたが、

最近はほとんど1日2食。1食の時もあります。

3食も食べたいと思いませんし、やまたつには2食が合ってる気がします。

 

 

日本人は白ごはんを食べないといけない思考になっている

日本人と言えば、主食はお米。

小さい頃から食べてきたので、なぜか大人になっても自然と食べているに違いありません。

しかし、アメリカで生活すると、そもそもお米はあまり出てこないです。

これこそ食文化の違い。

なぜかわかりませんが、日本人はお米+おかずというセットで毎日の献立を考えている傾向にあります。

別にお肉だけでもいいですし、アメリカンなピザを夜に食べてもいいじゃないですか。

ちなみに、やまたつ家ではたまーに夜マックの時もあったりしてます。

あと息子が焼き鳥が好きなので、居酒屋的なメニューを並べて家族で乾杯して楽しんだりしてます。

 

要は、好きな時に好きなものを食べた方が幸せです。

もちろん、栄養面やカロリーには多少気をつけないといけないですね。

 

 

 

無理して保険に入る必要も無い

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

保険についても以前記事にさせてもらってます。

やまたつは最低限の保険にしか加入していません。

自動車保険だけです。

 

なぜか日本人は保険に入らないと怖い思考になってしまっている気がします。

確かに場合によっては保険に入るメリットはあると考えてますが、至って何もリスクを抱えてない人が無理に保険に加入するメリットは少ないです。

保険にお金を掛けるくらいなら、それを貯金しておくことがベストです。

 

生命保険、医療保険、火災保険、地震保険、学資保険、保険にも沢山種類がありますよね。

日本という国に住んでいる以上、公的保障が充実しているので高額医療制度などで医療に関して高額な金額を請求されることはまずありえないです。

仮に大事なパートナーが亡くなってしまいお金の心配があるかもですが、遺族年金というものが毎月入ってきます。

それでも収入面に心配だという人には掛け捨ての収入保障保険をオススメしています。

話は変わりますが、マイホームを持たないのであれば、地震保険なども入らなくて済みますし、ある程度モノを減らしておくことで火災保険も不要になります。

学資保険については昔やまたつも加入していたのですが、メリットがよく分からずやめました。

普通に今は毎月5000円ずつ養育費として貯金しています。

 

まとめると、やはり保険はギャンブル。

自分に見合った保険のみ加入し、貯金で対応できる部分は別に加入する必要性はありません。営業の人の話にも流されないように注意しましょうね。

 

 

 

一生独身なら自動車免許を取る必要も無い

車は便利です。

免許を持っていれば、車を運転し、簡単に移動ができます。

しかし、車は正直お金かかります。

普通に子供1人、いやそれいじょう掛かっている気がします。

 

👇先月、こちらの記事で、私たちが毎月どれくらい車にお金を掛けているのかを算出してみましたので是非チェックしてみてください。

hbbyamatatsu.hatenablog.jp

 

家族がいる場合、特に子供がいるとお出かけしたり、荷物を運んだりと車はあった方が絶対に便利です。

むしろ無いと困ります。保育園の送迎などもあるので。。

しかし、独身だったらどうでしょうか?

やまたつは車所有しないですね。

一生独身で生きていくことが分かっていれば、免許も取ってないかもしれません。

やまたつは19歳の頃、なんとなく免許を取得しました。

結果的に結婚もして子供もできたので、早めに取得しておいて良かったと感じています。

 

1人身だとお金さえ出せばバスや電車など利用し放題です。

自分が運転する手間もなく、その間音楽聴いたり、本を読んだりと好きな時間を確保できたりします。

ガソリンを入れたりもないですし、車検、洗車、その他メンテナンスも考えなくていいのです。考えることが少なくなりより生活が楽になりそうです。

 

 

 

お金に余裕あるなら外食に頼ればいい

お金にめちゃくちゃ余裕あるのに自炊するのはナンセンス。

あくまでやまたつの考えですが、そう考えてます。

料理が好きでやってるのは、それはそれでいいと思いますが、

特別、料理が苦手、好きでも無い人がやる必要がありません。

お金あるんだったら、手間の掛かることにどんどん投資し時間に余裕を持たせておく方が賢いのです。

 

外食は基本「おいしい」が保証されてますし、メニューも豊富です。

皿洗いなどの後片付けもないです。

食って金払えばそれで食事終了な訳。

やまたつの感覚では月の収入が50万を超えているのであれば、毎日外食でもOKだと思ってます。それでは少し食費にかかり過ぎるかもなので、2日に1回なら全然有りでしょう。

 

その他の家事も同じことが言えます。

家政婦を雇えるお金があれば掃除、洗濯と普通は自分がやるべきことをやってもらうことで時間が浮いてきます。

時間を作る方法は考えようと思えばいくらでも考えられるのです。

 

 

 

 

以上が独自性のある生活について、やまたつからのアドバイスとなります。

やまたつも全てができている訳ではありませんが、やれる工夫は着実に実現できています。無理する必要はありません。周りに合わせる必要もありません。

自分自身がやりたいことに時間を掛ければいいし、やりたくないことはどうすればそれを無くせるかを考えるだけです。

お金で解決できなくても効率化できる方法は山ほどあります。

 

 

人生都合よく生きたもん勝ちです

 

 

最後に読者登録お願いします! 次回もお楽しみに!