賞味期限、消費期限とは?いつまで食べれるの?にお答えします

どうも、やまたつです。

 

 

 

本日は「賞味期限、消費期限」について

f:id:HBByamatatsu:20210904061651j:plain

食品などには必ず賞味期限または消費期限があります。

スーパーに買い物に行って食品を手にする時もなるべく日持ちするものを選びますよね。でも、気づいたら冷蔵庫には期限切れのものばかり。

あまり整理していない方はそういう状態になってしまってるのではないでしょうか。

時には期限切れと知らずに食べてしまってお腹を壊したり、最悪食中毒になったりする恐れもあります。

かと言って、賞味期限切れだったら数日くらいは食べてもOK、消費期限は食べれない。

この辺の決まりって一般的には定まってないですし、食べれるかどうかの基準も人それぞれです。

 

ということで、その辺の基準も含めて今回は皆さんにお伝えできればと思います。

 

 

 

 

 

 

賞味期限とは

簡単に言うと「美味しく食べることができる期限」

もう少し細かく言うと「袋や容器を開けないままで書かれた保存方法を守って保存していた場合に品質が変わらずに美味しく食べられる期限」です。

 

 

 

消費期限とは

消費期限は「安全に食べられる期限」のこと。

農林水産省のページでは、消費期限を過ぎているものは食べない方がいいと記載があります。

 

 

 

どんな食品に賞味期限?消費期限?

どんな食品にも賞味期限と消費期限のどちらとも記載されていることはありません。

賞味期限か消費期限のどちらかが記載されています。

賞味期限は主にスナック菓子、カップ麺、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など"痛みにくいもの"に表示。

一方で消費期限はお弁当やパン、ケーキ、海鮮系など比較的"痛みやすいもの"に表示しています。

そのため、消費期限を記載している食品の多くは買ってから2日以内程度で食べてしまわないとお腹を壊してしまう原因にもなりかねません。

特に生モノなどはさらに痛みやすいので消費期限を過ぎて食べるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

 

 

空気(酸素)に一度でも触れたものはなるはやで

賞味期限は消費期限の定義としては、"未開封のまま"ということ。

一度でも空気に触れるとどんな食品でも痛みやすくなります。

痛みにくい食品は2日程度問題無いかもしれませんが、痛みやすい海鮮系などの生モノはその日のうちに食べるのをオススメします。

どっちにしろ、なるはやで食べてしまいましょう。

どうしても食べきれず期限を過ぎてしまうものは、"もったいない精神"よりも"健康第一"を優先して捨てる勇気も必要です。

 

 

 

期限がないものはあるの?

そうなってくると、期限がないものってあるの?と疑問になってきますよね。

調べてみました。

 

消費期限がないものはありませんが、賞味期限がないものは結構ありました。

引用元:https://business-textbooks.com/food-with-no-shelf-life/

  1. アイスクリーム
  2. 昆布
  3. ガム
  4. 梅干し
  5. 砂糖
  6. はちみつ
  7. 野菜
  8. 果物
  9. ウイスキー
  10. 泡盛
  11. 日本酒

これらの14つが、いつでも美味しく食べれる、飲めるものらしいです。

(探せば他にもあるかもしれません)

確かにお酒は長期保存が可能ですよね。アイスクリームも期限が書いてあるのをあまり見かけないかもしれません。

 

 

 

消費期限が過ぎたら食べない方がいい食品

これまでの内容をまとめると、痛みやすい食品等は期限を過ぎて食べない方がいいということになります。

そして、特に注意するのが賞味期限よりも消費期限ということが分かりました。

 

これらの結果を踏まえて、消費期限を過ぎて食べるのを控えた方がいい食品を知っておきたいところです。

以下のサイトを参考にさせて頂きました。

hands-media.jp

 

 

お弁当類

お弁当には様々なおかずなどが入っています。

そのため、どれか1つでも痛みだすと他のおかずにも広がっていき食中毒を起こしやすいので注意が必要です。

基本的に売られているお弁当はその日のうちに消費するのを前提に作られているため、前日に前もって購入するなどはやめましょう。

 

 

豆腐

大豆に含まれるタンパクの成分は食中毒を引き起こす菌が繁殖しやすいため、1日でも消費期限が過ぎていたら危険です。

パックが膨らんでいたり、黄色くなっている、酸っぱい臭いがするなどの変化が見られてるのであれば、潔く廃棄しましょう。

 

 

牛乳

牛乳も菌が繁殖しやすい環境です。

特に開封すると菌が一気に繁殖します。

ホットミルクなどにするのもおすすめです。

 

 

 

消費期限を過ぎたものをどうしても食べたい場合

とは言っても、期限を忘れてて、1日くらい過ぎてても大丈夫なはず...、知り合いからの貰い物で捨てるなんて勿体ない...いい値段したから捨てるのが惜しい...、こういった理由があってどうしても口にしたい場面はあるかと思います。

こういう場合にオススメしたいのは、必ず加熱することです。

電子レンジでもいいですし、フライパンで炒める、揚げる、煮るなどもOK。とりあえず火を通してあげましょう。

ちょっとした菌は熱により死滅してくれます。

(ここは自己責任でお願いします)

 

 

 

 

ということで、今回は賞味期限、消費期限についてお話していきました。

もう9月になりだいぶ涼しくなってきましたが、昼間はまだまだ暑いです。

熱中症も食中毒も気をつけていところですね。

 

 

是非、『やまブロ』へのいいね、読者登録して応援宜しくお願いします!次回もお楽しみに!